読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

Altキーを使ったショートカットキー② Word, Excel, PowerPoint, Outlook共通

Office共通

Altキーを使ったショートカットキーの操作の基本は前回の記事で紹介した通りです。(Altキーを使ったショートカットキー① 基本編 - PC操作時短テク紹介ブログ

今回の記事では私が普段よく使うAltキーのショートカットキーを紹介します。

まずはWordやExcelPowerPointなどに共通した操作です。主に文字のフォントや色、サイズを変えるなど、フォーマットに関する操作になります。

それでは見てみましょう!(使用頻度をつけましたがよく使うものをPick Upしているので全て★★になってしまいました笑)

1. Alt → H → FF (文字のフォントを変える)

使用頻度: ★

文字のフォントを変えるときは画面上部のフォント選択部分からスクロールする形で選択していると思います。これは結構時間がかかる操作ではないでしょうか?

f:id:thzm:20160504230550p:plain

ここではマウスで操作したい気持ちをぐっとこらえ、Alt → H → FFをキーボードで押します。するとフォント表示の部分がフォーカスされるので変えたいフォント名をキーボードで入力します。

だいたい2, 3文字入力すれば勝手に予測変換してくれるので問題なければEnterキーで決定すれば終了です。(例えばTimes New Romanに変えたい時には"ti"と入力した時点で予測が出ます)

f:id:thzm:20160504230933p:plain

2. Alt → H → FS (文字のサイズを変える)

使用頻度: 

 FFではフォントでしたが、FSでは文字のフォントサイズの数字部分の変更が出来ます。

Alt, H, F, Sと入力後、変えたいサイズの数字を入力するだけです。

尚、Word, PowerPointではCtrl + ]で文字を大きく、Ctrl + [ で文字を小さくするというショートカットキーも使用できるのでこちらを使う手もあります。(この場合フォントサイズが1ポイントずつ変化していきます)

3. Alt → H → FC (文字の色を変える)

使用頻度: 

強調したい部分を赤字にするなど、文字の色を変えるシーンというのは普段多いと思います。

Alt, H, F, Cと入力することで色の選択画面を出すことが出来るので後は矢印キーで色を選択、Enterキーで決定すればOKです。

慣れればマウスでいちいちクリックして選択するより格段に速くなります。

f:id:thzm:20160504232248p:plain

 

次回はWord, Excel, PowerPoint, Outlookそれぞれでよく使うAlt+~のショートカットキーを見ていきます。

Altキーを使ったショートカットキー① 基本編

Office共通

前回はCtrlを使用したショートカットキーを紹介しましたが、今回よりAltキーを使ったショートカットキーを紹介します。

 

Altキーを使った操作は以下の利点があります。

  • ほぼ全てのマウス操作の再現が可能
  • Ctrlキーのショートカットキーと異なり、覚える必要がない

以前の記事(ショートカットキーの基本となる主要キー3選 (Ctrl, Alt, Windows + α) - PC操作時短テク紹介ブログ)でも言及しましたが、「Altキーを制するものはショートカットキーを制する」です。

今回は基本編としてAltキーのからくりを説明します。

続きを読む

Ctrlを使った便利なショートカットキー10選 (Excel, Word, PowerPoint, Outlook共通)

Office共通

こんにちは!GW真っ盛りですね。

今日はExcel, Word, PowerPoint, Outlookなど多くのソフトウェアに共通するよく使用するCtrlを使ったショートカットキーを紹介します。

Ctrlを使ったショートカットキーは非常にたくさんのものがありますが、今回は個人的に特によく使用するものを厳選しました。

ExcelやWordなど、ソフトウェアが異なるとショートカットキーが異なることもありますが、これらはほとんどのMicrosoft Officeのソフトウェアやインターネットブラウザにおいて使用できると思います。

簡単なものが多いのでぜひマスターしていきましょう。(基本的なものなのですべておさえておきたいです。)

続きを読む

パソコンのフォルダ整理に使えるショートカットキー5選

デスクトップ操作

フォルダの中のファイルを消したり、名前を変えたり、移動させたり・・・フォルダやデスクトップを整理する時、こういった操作を行うと思います。

今回はそのようなときに便利なショートカットキーを紹介します。

これはOutlook上のメールフォルダの整理にも使えるので覚えて損なしです。

続きを読む

パソコン操作は「勉強」するものなのか? ー 操作方法習得のプロセス

コラム

4月になると朝の電車で新社会人らしき人たちをよく見かけるようになりました。

ある日電車の中で、会社の研修で使うのかパワポの解説書のようなものを必死に読み込んでいる新社会人の姿が。

最近では「外資系金融のExcel作成術」などの解説本も人気です。

(またこのブログも同様にPC操作について紹介しています。)

www.amazon.co.jp

 

果たしてこれらを読むことによるパソコンの「勉強」には意味があるのでしょうか?

 

パソコンはスポーツやゲームと同じで本を読むだけでは操作できるようにはなりません。これは断言できます。いくらブラインドタッチに関するマニュアルを読んでも実際に手を動かさなければできるようにはなりません。

では何の意味があるか。私はこういう本を読む理由は自分の知らない操作を知る、それだけに尽きると思います。

例えばExcelでセルの色を変えるということをキーボードでできると知っている人は多くはありません。以前紹介したAlt+Tabでのウィンドウ切り替えの操作も知らなければできません。

 

但し知るだけではダメで、知った後に実際に何度も使って練習する。練習なければ使うことはできません。逆に言えば知りもしない操作は練習しようがないので、「知る」「勉強する」という行為の重要性もわかると思います。

*格闘ゲームに例えるとキャラクターがどのような技を繰り出せるのかを知る→ 実際に使ってみるというプロセスです。どのような技を出せるか知らなければ練習する余地もありませんよね?

 

【操作を知る → 何度も使う】、このプロセスがとにかく重要です。

こうして様々な操作をマスターしていきましょう。

WEB上の情報入力・アンケート回答などを手早く行うコツ

今回は基本操作の紹介から少々寄り道。

最近インターネット上でこういうフォームに情報を入力する機会が多くありませんか??

*サンプルとして私が作成したアンケートです。特に深い意味はありません。

 f:id:thzm:20160416094914p:plain

 

例えばインターネットショッピングにおける住所やクレジットカード情報の入力、またアンケートの回答、就職活動における性格診断テストなどもこれにあたるでしょう。

この入力が意外と面倒だったりします。

今回はそんな面倒な入力操作を少しでも楽にするワザを紹介します。

 

使うのは以下の操作のみです。

  1. 入力箇所を移動にはTabキーを使用 (戻る時はShift + Tab)
  2. ラジオボタン・選択項目は矢印キーで選択
  3. チェックボックス (☑) の記入には スペースキー

 

では実際に入力してみましょう。

サンプルのアンケートも用意したのでぜひお使いください。

https://docs.google.com/forms/d/1p4_Zdnk3Ex9iC5sZJnMSHXmQnJdGQlSfiLFx3CS5jTY/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

続きを読む

基本操作③ ウィンドウの形を変えるショートカットキー (Windows + 矢印, Windows + D 他)

デスクトップ操作

すっかり春めいて気持ちがいいですね。

前回はウィンドウを閉じましたが、今回はウィンドウの形を変えてみます。

ウィンドウを画面いっぱいに最大化したり、右半分にしたり。そんな操作を紹介します。

 

1. Windows + 矢印キー / ウィンドウの形を変える

ウィンドウの形を変えるのはWindowsキーと矢印キーを使います。

実際に操作してみればわかりますが、矢印キーの向きによって効果が異なります。

それぞれの効果は下記の通りです。

  • Windows + 上矢印 (↑) : ウィンドウの最大化
  • Windows + 下矢印 (↓) : ウィンドウの最小化(もしくは最大化した大きさを元に戻す)
  • Windows + 左/右矢印 (← / →) : ウィンドウを左 / 右に配置 

 *コントロールパネルの設定によってはこの操作がきかない場合があるとのことです。こちらの記事に直し方が書いてありましたので参照してみてください。

blogs.yahoo.co.jp

2. Windows + D / 全てのウィンドウの最小化=デスクトップの表示

これは今開いている全てのウィンドウを最小化するという効果があります。作業中に一発でデスクトップを表示したい場合にはこれを使うと便利です。もう一度Windows + Dを押すと、元の通りにウィンドウが開きます。

 

3. Windows + L / 画面ロック

上の二つとは効果の種類が異なりますが、Windowsキー関連ということでもう一つ。Windows + Lで画面をロックできます。オフィスで席を離れるときに使いましょう。これでセキュリティも万全です。

 

今回は以上です!単純な操作ばかりですのでぜひ使ってみてください!