PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

ショートカットキーの基本となる主要キー3選 (Ctrl, Alt, Windows + α)

こんにちは、外は桜が満開ですね。

今日はショートカットキーの基本となる主要キーを紹介します。

「ショートカットキー」と聞くとCtrl + V, Ctrl + S等、Ctrl (コントロール) キーのイメージが非常に強いと思いますが、重要なキーはそれだけではありません。

ではいってみましょう!

 

1. Ctrlキー

f:id:thzm:20160403225120p:plain

これぞ王道。ほとんどの人は「ショートカットキー」と聞くとまずこれを思い出すのではないでしょうか?

色々な操作に使えるキーですが、Altキーのショートカットと異なり、半ば丸暗記しなければいけないのが大変、という特徴があります。意外と応用が利かないが、基本としてはおさえておきたい、そんなキーです。基本的には左側を使います。(私はいつも左手の小指で押しています)

Ctrlキーを使ったショートカットキーの例

  • Ctrl + C : 選択箇所をコピー
  • Ctrl + X : 選択箇所を切り取り
  • Ctrl + V : 貼り付け
  • Ctrl + Z : 元に戻る
  • Ctrl + S : 上書き保存

2. Altキー

f:id:thzm:20160403225325p:plain

Altキーはショートカットキーを極める上で最も重要です。

アプリケーション/ウィンドウの切り替えとして頻繁に使うAlt + Tab は勿論のこと、Microsoft OfficeのソフトではAltキーを出発点に非常に多くの操作が実現可能です。

何を隠そう前回の記事での動画 (Excel ショートカットキーを用いた資料作成例 - YouTube)、作業中にAltキーを押す回数が一番多いです。Ctrlキーよりもです。

*ちなみに私のオフィスのキーボードはAltキーの使いすぎで文字が削れています。

中にはCtrl + Alt + Delete を除き、人生で一度も使ったことがないという人も多いと思いますがこれを多用することが出来ればもう一人前です。

 

重要なのでもう一度言います。

Altキーはショートカットキーを極める上で最も重要、Altキーを制するものはショートカットキーを制します。

Ctrlキーと同じくキーボードの左右に二つありますが、私はいつも左側しか使いません。

Altキーを使ったショートカットキーの例

  • Alt + Tab : アプリケーション/ウィンドウ切り替え
  • Alt + F4 : ウィンドウを閉じる、シャットダウン
  • Alt + → / ← : フォルダやインターネットにおいて進む/前に戻る
  • ExcelやWordでリボンの操作に使用 (← 何を言っているか意味不明の方もいらっしゃると思いますが、そんな人はExcelを開いてAltキーを押してみてください。これが全ての操作の出発点になります・・・)

3. Windowsキー

f:id:thzm:20160403225521p:plain

ExcelやWordで、というよりも全体の基本操作として役に立つのがWindowsキーです。

色々と便利なのでぜひ使えるようにしておきたいキーの一つです。

Windowsキーを使ったショートカットキーの例

 

4. 最後に

f:id:thzm:20160403230225p:plain

ちなみにこちらの四角い絵が書いてあるキー、何かご存知でしょうか?

実はこれ、マウスの右クリックと同じ効果を持つキーなのです。覚えておくと意外と便利。実際に前の記事の動画でも使用しています。

ちなみに名前は私も知らなかったのですが「アプリケーションキー」というらしいです・・・

 

次回からはこれらのキーを用いた具体的な操作方法を紹介していきます。