読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

基本操作② ウィンドウを閉じる、アプリケーションの終了 (Ctrl + W, Alt +F4)

デスクトップ操作

こんにちは。今回は作業終了時に使用するショートカットキーを紹介します。

 よくPCをシャットダウンする前に、開いているすべてのアプリケーション・ファイルを閉じるのがめんどくさいと思ったことはありませんか?

通常は右上のバッテン印をクリックしてウィンドウを閉じると思いますが、これをキーボードで楽々操作するにはどうしたらよいのでしょうか?

ここで使えるのがCtrl + WAlt + F4です。

ぜひ覚えて使ってみてください。

 

1. Ctrl + W

Ctrl + Wは今作業しているウィンドウを閉じるときに使います。

WordファイルでもExcelファイルでも、フォルダでも何でも閉じるときはCtrl + Wを押せばOKです。

インターネットブラウザでも今見ているタブを閉じるときにはCtrl + Wが使えます。(これはInternet ExplorerでもGoogle Chromeでも同じです)

2. Alt + F4

Alt + F4はアプリケーションを終了するときに使用します。Ctrl + Wと似ていますが、Alt + F4は全体終了のイメージです。

もしあなたがExcelでBook1, Book2を開いていた時に、Ctrl + Wを使えばBook1のみが閉じられます。一方Alt + F4はExcelというプログラム自体を終了させるのでBook1もBook2も閉じる、というわけです。

インターネットブラウザの場合、Ctrl + Wが今見ているタブのみを閉じるのに対し、Alt + F4はインターネットブラウザそのものを終了させます。

 

もう一つAlt + F4が使えるのがシャットダウン

デスクトップに行き(Windowsキー + Dを押せばデスクトップに一発でいきます)、Alt + F4を押せばシャットダウン画面が開きます。矢印キーでシャットダウンを選択し、Enterを押せばシャットダウンがスマートにできます。

Alt + F4は慣れないときには押しづらいと思いますが、辛抱強く使ってみてください。

*私は左手親指でAlt, 左手中指でF4を押していますが、右手で押す場合もあります。