PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

WEB上の情報入力・アンケート回答などを手早く行うコツ

今回は基本操作の紹介から少々寄り道。

最近インターネット上でこういうフォームに情報を入力する機会が多くありませんか??

*サンプルとして私が作成したアンケートです。特に深い意味はありません。

 f:id:thzm:20160416094914p:plain

 

例えばインターネットショッピングにおける住所やクレジットカード情報の入力、またアンケートの回答、就職活動における性格診断テストなどもこれにあたるでしょう。

この入力が意外と面倒だったりします。

今回はそんな面倒な入力操作を少しでも楽にするワザを紹介します。

 

使うのは以下の操作のみです。

  1. 入力箇所を移動にはTabキーを使用 (戻る時はShift + Tab)
  2. ラジオボタン・選択項目は矢印キーで選択
  3. チェックボックス (☑) の記入には スペースキー

 

では実際に入力してみましょう。

サンプルのアンケートも用意したのでぜひお使いください。

https://docs.google.com/forms/d/1p4_Zdnk3Ex9iC5sZJnMSHXmQnJdGQlSfiLFx3CS5jTY/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

1. 入力箇所の移動 / Tab, Shift + Tab

Tabキーはそもそも次の項目にフォーカスを移すという機能を果たします。(これはすべてに共通)

名前を記入した後、Tabを押すと次の入力箇所に移ることが出来ます。移った後に戻りたい!というときにはShiftと一緒にTabを押せば戻れます。

f:id:thzm:20160416100933p:plain

 Tabは例えばフォルダのウィンドウ間の移動にも使えます。(わかりにくいかもしれませんが実際に使ってみるとわかると思います。)

f:id:thzm:20160417234050p:plain

 

2. ラジオボタン・選択項目の選択 / 矢印キー

ラジオボタンとはWEBアンケートにてよく見られる○の選択ボタンです。

ふつうはクリックして選択すると思いますがここは矢印キーを使います。

矢印キーで選択して●にした後にTabキーで次の質問に移る。これでOKです。

f:id:thzm:20160417231905p:plain

 

選択項目もラジオボタン同様矢印キーで選択します。

その後Enterキーを押し、決定した後、Tabで次の質問に移ります。

f:id:thzm:20160417233950p:plain

3. チェックボックス (☑) の記入 / スペースキー

チェックボックスラジオボタン同様ふつうはクリックしてチェックを入れると思いますが、ここはスペースキーをつかいます。

Tabキー(矢印キーの場合もあります)により選択したい項目にフォーカスした後、スペースキーを押すとチェックをつけることが出来ます。

f:id:thzm:20160417235248p:plain

 

最後にTabキーで「送信」にフォーカスを移し、Enterキーをおせば終了です。

今回はアンケートを例にとりましたが、会員登録時の個人情報入力時などの操作も同じ要領です。ぜひ使ってみてください!