読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

パソコンのフォルダ整理に使えるショートカットキー5選

デスクトップ操作

フォルダの中のファイルを消したり、名前を変えたり、移動させたり・・・フォルダやデスクトップを整理する時、こういった操作を行うと思います。

今回はそのようなときに便利なショートカットキーを紹介します。

これはOutlook上のメールフォルダの整理にも使えるので覚えて損なしです。

1. ファイルを選択する (Shift + 矢印キー, Ctrl + A)

  • Shift + 矢印キー: 並んだファイルを複数選択
  • Ctrl + A: フォルダ内のファイルを全選択
  • Ctrlを押しながらクリック: 複数のファイルを選択

 

上下に並んだファイルを選択するには矢印キーを使用します。

問題は複数選択する場合。並んでいる複数ファイルを選択するときにはShiftキーを押しながら矢印キーを押します。

f:id:thzm:20160424175855p:plain

 

全部のファイルを選択したい!というときにはCtrl + A を使います。これはファイル選択に限らず、全選択に使う便利なショートカットキーですのでこれを機に覚えてしまいましょう。

f:id:thzm:20160424180428p:plain

 

Shiftキー+矢印キーですと並んでいるファイルしか複数選択できません。離れたファイルを二つ以上選択したいという場合にはCtrlを押しながらクリックしていきます。

f:id:thzm:20160424181017p:plain

 

2. ファイルを削除する (Delete, Shift + Delete)

  • ファイル選択後Deleteキー: 選択ファイルをごみ箱へ移動
  • ファイル選択後Shift + Delete: 選択ファイルを完全に削除

ファイルを選択後、そのファイルを削除するにはDeleteキーを使います。

これによりファイルをごみ箱に移すことが可能です。

ごみ箱を経由せず、一度に完全に削除したいという場合にはShiftキーを押しながらDeleteキーを押します。

下のような警告画面が出るのでそのまま「はい」を選択(Enterキーを押す)すればファイルを完全に削除できます。

f:id:thzm:20160424181751p:plain

3. ファイル名の編集をする (F2キー)

  • ファイル選択後F2キー: ファイル名の編集

ファイル名を変更するときにはキーボード上部にあるF2キーを押します。

f:id:thzm:20160424182310p:plain

一般にF2キーは選択したものの中身を編集するという効果があります。

例えばExcelでもセルの中を編集するときにはF2キーを押します。PowerPointにおけるテキストボックスの編集も同様です。

4. ファイルを別フォルダに移動する (Ctrl + C / X, Ctrl + V)

  • Ctrl + C: 選択ファイルをコピー
  • Ctrl + X: 選択ファイルを切り取り
  • Ctrl + V: コピー/切り取りしたファイルを貼り付け

 

ファイルの別フォルダへの移動にはコピー (Ctrl + C)、切り取り (Ctrl + X)、貼り付け (Ctrl + V) のショートカットキーを使用します。

元のファイルに残したくない場合にはCtrl + Xで切り取り、移動先のファイルでCtrl + Vを使えばOKです。

5. フォルダを開く、移動する (Enterキー, Alt + 矢印キー, Windows + E)

  • Enterキー: 選択したフォルダ/ファイルを開く
  • Alt + 矢印キー: Alt + ← で前のフォルダに戻る、Alt + → で進む
  • Windows + E: マイコンピューターを開く

フォルダを開いたり、移動したりするショートカットキーは上記の通りです。またWindowsキー+Eは非常に便利なので覚えておくといいかもしれません。

 

またよく使うフォルダに自分でショートカットキーを割り当てるのもおススメです。

右クリックでフォルダの ショートカットを作成した後、

f:id:thzm:20160424184043p:plain

 

作成されたショートカットフォルダのプロパティを開くと、「ショートカットキー (K)」という箇所があります。

ここで例えばAを入力すれば「Ctrl + Alt + A」と表示されます。

この設定によりこれからCtrl + Alt + Aを押せば設定したファイルを一発で開くことが出来ます。

f:id:thzm:20160424184535p:plain

 

今回は以上です。では!