読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC操作時短テク紹介ブログ

若手サラリーマンがビジネスシーンでよく使われるPC操作をSpeed Upする時短テクニックを紹介します。使えるショートカットキーからExcel, Power Pointを用いた見やすい資料作りまで。

ショートカットキーは英単語で覚えよう  ショートカットキーの覚え方

Ctrlキーとの組み合わせ型のショートカットキーは知らない・覚えないと使えないという問題があります。

何度も使っているうちに覚えるというのはありますが、最初のとっかかりとしては英単語の頭文字になっているものを覚えましょう。

例えばCtrl + Aは「全選択」のショートカットキーですが、これはALLのAと覚えるといいです。

英単語と関係するものを紹介します。

Office Soft共通で使えるショートカットキー

  • Ctrl + A: 全選択 ALLのA
  • Ctrl + B: 太字にする BOLDのB 
  • Ctrl + C: コピー COPYのC
  • Ctrl + F: ページ内検索 FINDのF
  • Ctrl + N: 新規作成 NEWのN
  • Ctrl + O: ファイルを開く OPENのO
  • Ctrl + P: 印刷 PRINTのP
  • Ctrl + S: 保存 SAVEのS
  • Ctrl + U: 下線を引く UNDERのU
  • Ctrl + W: ファイルを閉じる WINDOWのW(やや無理やりですが、「ウィンドウ」を閉じる、と考えて)

※英単語ではないですが、Ctrl + X: 切り取りはXがハサミのイメージで覚えるといいかもしれません。

Wordで使えるショートカットキー

  • Ctrl + L: 左揃え LEFTのL
  • Ctrl + R: 右揃え RIGHTのR

※尚、中央揃えはCtrl + Eです。

Outlookで使えるショートカットキー

  • Ctrl + R: 返信する REPLYのR
  • Ctrl + F: 転送する FORWARDのF

 

ExcelはOffice共通の項目で紹介したものの他いいものがありませんでした・・・。

Ctrl + Z: 元に戻す は頻出のショートカットキーですが、英単語に結びついていないですね。

英単語で覚えるのはあくまでも最初のとっかかりとしてです。実際には何度も使い、体得することの方が大事です。